SNSで使える自己紹介カードジェネレーターを作りました!ぜひ使ってみてください!

現在はYouTubeで情報を発信する人も増えていますが、テキストベースとなるブログ記事もまだまだ現役の情報ソースとなります。あなただけしか知らない知識や、届けたい情報があるなら、ブログサイトを始めてみるときっと世界の誰かに役立ちます。

そして今はWordPressでブログサイトを始めるハードルがめっちゃ下がっているんです。時間にしておよそ1時間くらいで開設することができます。

そこでぼくがおすすめする、超簡単なWordPressを使ったブログサイトの始め方を紹介していきます。

はじめに

この記事ではWordPressを使ってブログを始めるまでに何をしたらいいのか、全体の流れと要点を紹介しています。

詳細な手順はおすすめの外部サイトのリンクを貼っていますので、本記事で全体の流れをざっくり把握したあとに、ぜひリンク先を参考にしてブログを開設してみてください。

無料ブログと有料ブログ

WordPressは有料ブログにあたります。ブログ運営にランニングコストがかかるためです。

〇主な費用
ドメイン代:約1,000円 / 年
サーバー代:約1,000円 / 月
———————————————
年間 約13,000円

年間でおよそ13,000円ほどかかってしまうので、アフィリエイトでの収益を目的としている場合は成果が出るまで赤字となります。

コストをかけたくない場合は無料ブログにあたる、はてなブログやlivedoorブログなどを利用すると維持費の必要がないので検討してみてください。noteも今は情報発信の場としてとても盛んです。

無料ブログのデメリットはサイトに個性が出せないことです。

WordPressのようにデザインを自由に選べないのでブランディングしにくくなります。

月間〇〇〇万円!!みたいな収益を狙っている人には無料ブログは不向きとなります。

WordPressでブログサイトを開設するまでの流れ

全体の工程はこんな感じです。

どんなサイトにするか考える
レンタルサーバーを契約
独自ドメインを取得
サーバーにWordPressをインストール
サーバー初期設定
WordPress初期設定
テーマ(着せ替え)を設定
どんどん記事を書いていく!

2〜6は事務的な作業なので、やることは多いですが難しくはないです。

後述するおすすめのサイトを参考に作業してもらえば60分もかからないと思います。

1と7は今後サイトを運営していく上で個性が出るとても大切な部分なので時間をかけてしっかりと考えましょう。

どんなサイトにするか考える

サイトのテーマ・ターゲット・目的を考えましょう。

何をテーマにしていますか?

食・ファッション・音楽など、何に関する情報を発信するサイトなのでしょうか。

どの層がターゲットになりますか?

男性・女性、何歳くらいの人に来て欲しいサイトになるのでしょうか。

目的はなんですか?

アフィリエイト・忘備録・自己研鑽、何を目的にサイトを運営していくのでしょうか。

ちなみに当サイトのテーマはWebとビッグバンセオリーの情報発信をベースとした雑記ブログです。

目的はWordPressとSEOの理解を深めることです。収益は二の次なので鬼ほど更新が不定期です笑。

テーマと目的が決まったらあとで悩まないようにサイト名とドメイン名を決めておきましょう。

ドメイン名は「〇〇.com」「〇〇.net」とかのことです。他のサイトとかぶることができないのでいくつか候補を出しておくといいです。

テーマやサイト名が決まると自然とドメイン名も決まるかと思います。サイトのテーマが今後変わってくるかもしれないのであれば、ドメイン名は応用の効くものにするといいです。あとで変えることができませんので。

前項に書いたとおりこの工程はサイトを運営していく上でとても大切なのでしっかりと考えておくことをおすすめします。

レンタルサーバーを契約

ここからは実際に手を動かす事務的な作業になってきます。

まずはWordPressを設置するレンタルサーバーを契約します。

サーバーはブログサイトを住まわせるマンションみたいな感じで、ドメインがその住所となります。ユーザーはドメインを検索することでサイトにたどり着くことができます。

レンタルサーバーはたくさんありますので好きなところと契約できます。

今回の記事でおすすめするのは、エックスサーバーでWordPressを運営していくことが前提になるので、その流れの紹介となります。

エックスサーバーは非常にたくさんの人が利用していてWordPressの開設も超簡単です。

契約方法やWordPressの設置方法も下記のサイトに沿って進めてもらえばすぐに終わらせることができます。

ぼくがこのサイトを開設したときはもっとめんどくさかったんですが、今はクイックスタートというサービスをエックスサーバーがやっていて、元記事通りなら10分で作業が終わります。

ということでおすすめする外部リンクはメジャーなレンタルサーバー会社の公式サイトなので安心してください。アフィリエイトリンクでもありません!

こちらから確認できます。

独自ドメインの設定

1で決めたドメイン名を実際に取得し、サイトに設定していきます。

ドメインに銘柄ついては種類によって発生する金額が違うのですが、安易に安いマイナーなドメインは選択しないほうが無難です。

なぜかと言うと、安いマイナーな銘柄はスパム扱いされることがあり、サイトの信頼性が上がらずSEOにも影響する可能性があるからです。

多少お金はかかっても「.com」や「.net」で取得しておくことをおすすめします。

ちなみに当ブログは「.xyz」で、それなりに検索順位は保っていますが、ちょっと後悔しています。

独自ドメインにつきましても前項のエックスサーバーのクイックスタートから合わせて設定できます。

レンタルサーバーにWordPressをインストール

契約したサーバーにWordPressのファイル一式を設置し動かせるようにしていきます。

これも前前項のエックスサーバーのクイックスタートから設定できます。

サーバー初期設定

サイトの安全性を保つために通信方法をSSLに設定する必要があります。

これも前前前項のエックスサーバーのクイックスタートなら自動で設定してくれます。

じゃあいってらっしゃい!

WordPress初期設定

それでは次にWordPressの初期設定を行なっていきます。

すぐに記事を書いていきたいところですが、なんの需要があるのかわかりませんがWorPress側で余計な設定になっているところがたくさんあるので、あとでめんどくさいことにならないように最初に綺麗にしておきます。

こちらもエックスサーバーのサイトが丁寧に紹介してくれています。

記事を書き始める前にしておきたい初期設定

デザインテーマ(着せ替え)を設定

ではデザインテーマ、つまりは着せ替えのデザインを設定していきましょう。

WordPressではデザインを簡単に着せ替えできるのが良いところです。

デザインテーマには無料テーマと有料テーマの大きく2種類が存在します。

当然、有料テーマのほうがデザイン性・カスタマイズ性・機能性が高くなります。

価格は1万円前後〜3万円の買い切り型からサブスクリプション型まで様々です。

特定のジャンルに特化したデザインもあるので、ご自身の扱うテーマや意気込みに合わせて選択してみてください。

無料テーマが全然使いものにならないかというとそんなことはありません。

多機能の無料テーマもたくさんあります。

ですが大抵の美しいデザインの無料テーマは海外のものが多く、英語をある程度読める必要がでてくることかと思います。

テーマの探し方ですが、実は管理画面の「テーマ変更」の一覧にあるぶんだけではないんです。

googleで「WordPress テーマ」と検索するとたくさん情報が出てきます。検索結果から探したほうが、日本語対応だったり、好みのテーマが見つかりやすいかと思います。

どんどん記事を書いていく!

テーマの設定までできたら一通りの土台はできあがりです。

あとはひたすらに記事を書いてあなただけの素敵な情報を世の中に発信していきましょう。

ここまでは文字通りただの準備にすぎません。

SEOについて研究したりしながら検索順位があがるように大事にサイトを育てていくと良いかと思います。