SNSで使える自己紹介カードジェネレーターを作りました!ぜひ使ってみてください!

こんにちわ、ぽんひーです。

11月末ということで大阪はめっきり寒くなってきましたが、なんと今年は我が家のゴキブリ出現率が0%でした。

ゴキブリどもは出る前に出さない!が大事。

ということでぼくが実際に使ってみて効果があった、ゴキブリ対策に有効な商品を3つ紹介したいと思います。

我が家のゴキブリ事情

ぼくの自宅は10階建のマンションで近くにはお寿司屋さんもあるという、やつらにとってはうってつけの条件が揃っている立地にあります。

昨年の出現率は、仕事でほとんど家にいないにも関わらず6月のあいだだけで3匹もエンカウントしてしまいました。

初回に至っては何も準備していなかったものですからリセッシュで応戦するはめになりました。(ちなみにまったく効果なかった)

3匹目が出た段階で「まだ6月なのにこのペースだと夏本番は阿鼻叫喚の未曾有の事態になる」と判断して完璧に対策することを決意しました。

対策のコンセプトとしては「出てから倒すのではなく、そもそも出さない」として、それに沿ったゴキブリ対策用のアイテムを揃えました。

まじで効果があったゴキブリ対策用の商品3選

結論から言ってこれから紹介する商品を使用することで、今年の我が家はゴキブリの出現数をゼロにすることができました。

コロナによる外出自粛でほぼ家にいる状況にも関わらずゼロだったのは、想定していたより良い結果で、すごく効果を実感できました。

そんな大活躍してくれた三種の神器がこちらです。

ゴキブリがいなくなるスプレー

侵入防止用のバリアーを張るためのアイテム。

もう名前がすでに頼もしい。

これを玄関、ベランダ、排気口など主な侵入経路に撒くことによってゴキブリを近づけさせないようにします。

ゴキブリは暖かいところを好むので、念のためにも冷蔵庫やテレビの裏にも週一くらいのペースで撒いておきました。

ちなみに外装を剥がすと白を基調とした非常にシンプルなデザインが現れるという、ドラゴンボールでいうフリーザみたいな商品。

ブラックキャップ

諸悪を根源から断つためのアイテム。

これを玄関、ベランダ、トイレに設置することにより、侵入してきた個体はもちろん、これを持ち帰った巣にも拡散しコミュニティごと毒殺することができる優れもの。

HUNTER×HUNTERでいうところの薔薇である。

ゴキジェット

毒殺、バリアーをかい潜ってきた歴戦の猛者を倒すためのアイテム。最終手段。

直接対決用ですが、冒頭で記載した通り我が家は今年ゼロだったので使う機会がありませんでした。

バイオハザードでいうところのロケラン。

対策の流れ

まずは「ゴキブリがいなくなるスプレー」でバリアーを貼ってゴキブリを寄せ付けないようにします。

そして万が一侵入してきたやつを「ブラックキャップ」で毒殺。

エンカウントしてしまった場合に「ゴキジェット」で直接対決。

という流れです。

アイテム以外による対策

エアコンの排水溝など物理的な対策ができるところは編み編みのネットを被せるなどしておくと更に出現リスクを減らすことができます。

またベランダの隙間など侵入してくる可能性があるところはテープを貼って全て塞ぎましょう。

いらないダンボールをまとめておいてある場合も巣を作ってしまう場合があるので注意が必要です。こまめに捨てるようにしましょう。

まとめ

お家の状況や環境によって今回紹介した商品の効果が変わってくるかと思いますが、一人暮らしのワンルームとかだとかなりおすすめです。

また、より効果を期待するためには、どこから侵入してきているのかを把握して、夏前、できたらゴールデンウィークくらいから早めに対処しておくようにしましょう。